車の査定金額には、他社から提示された金額は大きな影響を及ぼします。他の会社の金額を査定士に伝えると、査定額がアップする可能性があるからです。
例えば査定士から、この車の査定金額は35万円だと提示されたとしましょう。ところが他の業者から伝えられた40万円という金額をその査定士に伝えますと、45万円にアップする事があるのです。もちろんその理由は、他の業者に対するライバル意識でしょう。他の業者に車を買われるよりは、少しでも高い金額を提示してでも顧客の車を買いたいと思うからです。

ところで以前に私は、ある車の買取業者がホームページの査定依頼フォームにて少々興味深いものを見た覚えがあります。他社から提示された金額を入力する欄です。

つまり「もしもすでに他の業者で査定を受けているのでしたら、この入力箇所にその査定金額を入力して下さい」という事になります。ちなみにその入力欄のすぐ横には、どの会社なのかを入力する欄もありました。わざわざ業者がそのような入力欄を設置しているという事は、やはり他社から提示された金額が気になっているのでしょう。

という事は、査定の申し込みをする段階で業者にその金額を提示してしまっても構わないと思います。却ってその方が、話がスムーズになると思われるからです。業者と金額交渉をする時間を、大幅に短縮されるでしょう。

ただその金額を伝える際に、具体的な会社名まで伝える必要は無いと思います。どこかの業者から査定を受けたという言い方で良いと思いますね。もっともディーラーで査定を受けていたのでしたら、それは正直に話してしまって構わないと思うのですが。
基本的に車査定を依頼する段階では、業者に対して「なるべく多くの情報を伝える方が良い」と考えます。

Leave a Reply